○本日、3校時に「学校保健委員会」がありました。「おなか元気教室」と題して、規則正しい生活(食生活も含め)が腸を元気にして、良い便をつくることになることを学習しました。ヤクルト出前授業を利用して行われた授業では、小腸や大腸の長さや働きを知るとともに、善玉菌と悪玉菌の構成が便の良し悪し(黄色いバナナうんちなのか固いコロコロうんちなのか、また、泥や液状なのか)を決め、その腸内環境を、『普段の自分の努力』=早寝・早起き・朝ごはん・朝うんち・野菜を多く摂取・こまめに水分補給・適度な運動つまり基本的生活習慣を守ることで整えることが可能だという学習をしました。教材を使って小腸の長さを確認したり、クイズに答えたりしながら楽しく学習できました。