五月晴れの下、5校時、6校時に、学校田で、5年生、6年生合わせて21人の子どもたちが田植えをしました。

「コウノトリ呼び戻す農法部会」の稲葉さん、農政課の日和さんと藤長さんに来ていただきました。

稲葉さんから苗を3,4本ずつ植えていくことを習い、横一列になって、前に進みながら植えていきました。

また、保護者のボランティアとして、野中さんのお父さんが来て下さいました。

はじめは慣れない泥の感触やヒルなどの生き物に黄色い声でにぎやかにしていました。

 木枠も、転がしてみました。

最後には、苗の植え残しが無いよう、逆に、植え過ぎが無いよう、ていねいに見て回り、きちんとして、田植えを終えました。

日和さんがヘビをつかまえてくれました。

自然豊かな白山を象徴していますね。