5年生は、11月30日に救命入門コースがありました。動画や補助教材をもとに講義を受けた後に、実際に人がたおれていた場合を想定して、実技を行っていきました。胸骨圧迫をおこなったり、AEDの操作をしてみたりしました。継続的にテンポよく5cm程度行わないといけないため、意外と大変であることを実感していました。もしも、人がたおれていたら、今日のことを活かして、人の命を救ってほしいと思います。