4年生は9月15日に市内施設巡りに行きました。

まず、越前千代鶴の館にて、越前打刃物の製造工程を学び、実際に伝統工芸士の職人が越前打刃物をつくっている様子を見学しました。

子どもたちはその様子に釘付けで感動していました。

次に、エコビレッジ交流センターにて、コウノトリについて学習しました。今後もコウノトリが住めるように、自分たちが環境を整えていくことの大切さを実感することができました。

そして、越前タンス会館にて、越前タンスについて学習しました。明治時代につくられたタンスをみて、300年ほどタンスがもつことに驚いていました。

最後に、ふるさと絵本館にて、かこさとしやかこさとしの絵本について、学びました。「かわ」という絵本の仕掛けを教えていただき、そのおもしろさにも気づくことができました。

越前市の歴史や自然、文化や人物などについて学ぶことができ、充実した一日となりました。