3・4年生で「夏の水辺の生き物調査」に行きました。春と違って、田んぼや用水路、退避溝にあまり水がなく、最初は、生き物がいるのか心配していた子どもたちも、少しずつ生き物を見つけ始めると、途端に元気が出て、どんどんアメリカザリガニやアカハライモリ、トノサマガエル、エビ、メダカなどを見つけていました。後半は、長さを測って記録したり、数を数えたりしました。