11月27日(水)

2年生からの招待で、『おもちゃランド』に遊びに行ってきました。

前もっていただいていたカードを見て、「これ、どんな遊びかな~」「おもしろそう」「スタンプ押してもらえるんだって♡」とワクワクする子ども達。

 1年生が遊んでにぎわう中、幼稚園のお友達もペアでコーナーを回りましたよ。

    

幼稚園のお友達の目線までかがみながら、やり方を教えてくれたり、遊びやすいように手伝ってくれたり、盛り上げてくれたり…

2年生の優しさを感じました。

 

今回も、ほし組・うさぎ組ペアとほし組・はな組ペアで回りました。

たくさんのコーナーがあったけど、全部回れたお友達がほとんど!

「2人で相談して回ったの」

「うさぎ組さんに『次どこ行きたい?』って聞いて決めたよ」

「うさぎ組さんに行きたいところ聞いたり、『次、ここ行きたいけど、ここでいい?』って自分の行きたいところを伝えて決めたりした」

と、相手のことも考えながら回っていたようです。

 時間がなくて回れなかったコーナーがあったお友達もいましたが、話を聞くとこんな理由でした。

「行きたいところが混んでたから、どこが空いているか見ながら決めていたら時間がなくなっちゃった。いろいろ見て回ったけど、どこも混んでて同じだった」とのこと。全部回れなかったことは残念でしたが、自分なりに考えて判断して回っていたことに感心し、成長を感じました。

 「2年生を幼稚園の迷路に招待したい」と子ども達。

今後の行事予定などを見ながら、

・ジャングル迷路をいつまでにするか

・2年生は授業があるから、招待する時間をどうするか

を話し合い、2年生にお手紙(招待状)をかくことになりました。

 

休み時間を見計らって、2年生の教室へ。

「幼稚園の迷路にも遊びに来てください」と伝えることができました。

 2年生も「やったー」「明日から!?早く行きたい」とすぐに喜びの反応があり、幼稚園のお友達もとっても嬉しそうでした。

日常の中ですぐに交流できる環境を大事にしていきたいですね。

2年生の皆さん、ありがとうございました。