5年生のキャリア教育「ようこそ先輩」第2弾です。今日は、会社経営に携わっている前田先生と家電量販店にお勤めの川口先生においでいただいて、お話をうかがいました。お客様の立場になって考えることの大切さ、仕事のやりがい(感謝される喜び)など、大切なことを教えていたきました。今は頭でしかわからないかもしれませんが、これからの人生で子ども達は、身をもって学んでいくと思います。本日は、貴重なお話をしていただき、ありがとうございました。

 「ますお客さんの顔を覚えることから仕事が始まる。(300人の顔を覚える)」「工事をするだけではなく、お客さんとの綿密な打ち合わせ、図面作成、見積もり、材料の仕入れ、工事の仕上がり具合のチェック、修繕など、仕事にはいろいろな過程がある。」というお話を初めてお聞きして、子ども達は驚いていたようでした。また、クレームがあったときでも真摯に対応することが大切であることを教えていただきました。

 「お客様第一、疲れていても笑顔でお客様に接することが大切です。」「忙しいときは昼食が夕方になることもある。」「商品についての勉強を常にしておくことが大切です。」というお話から子ども達は、働くことの厳しさを感じていたようです。また、売り上げが上がったときやお客様に「ありがとう。」「わかりやす説明だったよ。」と感謝されたときにやりがいを感じるというお話から、子ども達はやりがいのある仕事に就きたいなという思いを強くしたようでした。