今日の児童集会は盛りだくさんでした。まず、たくさんの表彰。県小学校近視予防に関する標語・作文コンクール(福井県予防医協会賞)、市下水道作文コンクール(越前市議会議長賞)、県学校対抗かるた選手権(敢闘賞)、校内マラソン大会(各学年男女1位)、県小学生陸上競技秋季大会(4位までの入賞者5名)の表彰披露を行いました。

 その後で私からは、表彰のなど子ども達のたくさんのがんばりがあったこと、また、表彰されなかった人も自分の得意なこと、委員会や係の仕、縦割り班の読み聞かせでがんばってほしいという話をしました。さらにワールドカップラグビーの「お辞儀にロッカーの掃除、選手も日本式で楽しむラグビーワールドカップ」の記事を紹介して、日本にはすばらしい心の文化があること、そのおおもとにある「相手や周りのみんなのことを考える心や感謝の気持ちを大切にしてほしい。」という話をしました。

 次には、給食委員会の発表です。まず、いつもお世話になっている調理員や用務員や「おかかいち」のみなさんに感謝の気持ちを込めて手作りのカレンダーをプレゼントしました。次に、クイズを出しながら給食の後片付けをきちんとすることや食べ残しをしないことを呼びかけました。クイズがおもしろく子ども達はよく考えていました。最後に、来週の給食週間「OSHIO2019~五輪メシ食べてオリンピックを応援しお~!」の紹介です。来週は、オリンピックの五輪の色(赤・青・黄・緑・黒)にちなんだ給食が出るのです。例えば、月曜日は、元気・勇気・やる気の黄色の献立(やる気のドライカレーや黄色いトウモロコシスープ)です。子ども達もとても楽しみにしているようです。

 最後は、図書担当の先生から読書の大切さや先生による読み聞かせや5年生による縦割り班での読み聞かせのお話がありました。読書の秋です。どんどん本を読んで賢くなりましょう。