3年2組の授業研究です。タブレットPCの中のアプリケーションを使って自分たちでリズムを作って楽しもうという授業です。

 使う記号は、四分音符・八分音符・四分休符・八分休符の4つ。まず、提示された楽譜を手拍子で演奏。次に、自分でリズムを作り手拍子で演奏します。まず、ここでほとんどの子ども達が楽譜を見ながら正確にリズムを取れることに感心しました。後は、アプリケーションの機能を試していきます。子ども達は、リズムを繰り返したり、演奏の音を変えてみたりしながら楽しんでいました。子ども達は、PCの操作に慣れるのが早いですね。

 最後に、子ども達は、友達が作ったリズムを前のスクリーンで見たり、実際に聞いて回ったりしながら自分の作ったリズムと比べていました。子ども達が意欲的に取り組み、交流している姿が印象に残りました。