越前市の小中学校は、いのちの教育を行っています。小学校5年生で「救命入門コース」、中学校2年生「赤ちゃんだっこ体験」です。今日は、南越消防組合と消防団の方をお招きして、王子保小学校の5年生がAEDを使った救命救急法の基礎を教えていただきました。

 まず、PUSHプロジェクト・メッセージビデオ(小学校で心肺蘇生の授業を取り入れようという運動のきっかけとなった明日香さんにまつわるメッセージビデオ)を全員で見ました。その後で、もしサッカーの試合中に誰かが倒れたらどうするか考えました。「先生を呼ぶ。」「大人を呼ぶ。」「救急車を呼ぶ。」「心臓マッサージをする。」いろいろな答えが子ども達から出されました。そして心臓マッサージの仕方を習ってから、実際にミニキットを使って心臓マッサージを行ってみました。見た目以上に体力を使うことに子ども達は驚いていました。

 3・4校時は、クラスごとにキットを使ってAEDを使った救命救急法の実習です。倒れている人の状態や周囲の安全を確かめ心臓マッサージををする人、救急車を呼ぶ人、AEDを持ってきて操作する人など、役割分担を決めて行いました。最初はこわごわやっている子ども達も多かったのですが、だんだん集中していきました。

 5年生の子ども達は、いざというときにどう動いたらいいか。また、命の大切さについて学びました。南越消防組合・消防団の皆様、本日はありがとうございました。