4年生は、総合的な学習の時間に福祉体験に取り組んでいます。今日は、4年1組は、車椅子体験。実際に車椅子に乗って、児童玄関のスロープを通って校舎の外に出たり、中に入ったりしてみました。子ども達に聞いてみると、「車輪を押して手が痛くなった。」「車椅子を動かすのにかなり力がいることがわかった。」「学校のバリアフリーの様子がわかった。」など、たくさんの発見があったようでした。福祉体験でわかったことを学習発表会で発表しますが、どんな発表をしてくれるか楽しみです。

 1年1組は、発育測定が終わった後、保健指導を行いました。今日は、けがをして保健室に来るまでにどんな手当をしたらよいかというお話です。子ども達が真剣に聞き入っている様子が印象的でした。