職員会議が終了して11時から「アクションカード」を使った緊急時対応演習を行いました。Aチームは、体育の授業で児童が倒れ、心肺蘇生が必要であるという設定で、Bチームは、教室で児童が倒れ、同じく心肺蘇生が必要であるという設定で行いました。Aチームが演習を行っているときにはBチームが観察をします。アクションカードの手順に従って、心肺蘇生を行ったり、職員室に連絡をとったり、AEDを運んだり、児童を教室に誘導したりしましたが、昨年度より動きがスムーズになっていたように思います。

 それでも振り返りでは、よかった点に加えてたくさんの改善点が話し合われました。今日の演習と話し合いを今後の緊急時の対応に生かしていきたいと考えています。

【体育館での演習】

【教室での演習】

【職員室での対応】

【振り返り】