8月23日(金)

 夏休みに入り、幼稚園のアサガオがきれいに咲き始め、夏季保育で来ていたお友達が気づいて「お花で色水できるね」とワクワクしながら話していました。

 色水遊び用の玩具を使って、色水づくりが始まりました。

 

「この、ごますりみたいなやつで混ぜると、お花から色がでるよ」

水を加えながら、あさがおの色水がたくさんできました。

「もっと他に色出るものないかな?」と周りを見渡したり、考えたりして遊びが広がっていきました。

 3歳児さんも、お兄ちゃんに教えてもらいながら。

「自分でやりたい」「きれいなのがつくりたい」「いっぱいつくりたい」と、花を擦る姿から意気込みが伝わってきます。

「お母さんにプレゼントしたい」「家に飾りたい」と子ども達。

こんなにきれいな色水ができました!!

 振り返りでは、あさがおの花の色が一つではないことや、色が出るものと色が出ないものがあることなど、気づいたことをみんなで共有する時間になりました。

 今日は小学校の1年生の先生が一緒に遊びに参加してくださいました。「また一緒に遊ぼうね」と子ども達。とても嬉しかったようです。