本日指導主事の先生をお迎えして授業研究を行いました。また、放課後は、全体参観授業について教職員が3つの部会に分かれて研究会を行いました。指導主事の先生に教えていただいたこと、研究会で話し合われたことについては、今後の授業に生かしていきます。

2年2組 道徳「ぐみの木と小鳥」全体参観授業

  教材を読み、りすを心配するぐみやぐみの実を届ける小鳥の相手を思いやる温かい気持ちに気づき、身近な人に親切にしようという態度を育てることをねらいとした授業です。発問や流れも十分考えられていて、「りすさんに届けられたものは何でしょう?」という発問に対して、「ぐみの実」「幸せ」「ぐみの木の気持ちと小鳥のやさしさ」「勇気」「絶対に守りたい気持ち」などねらいに迫る考えがたくさん出されました。また、「このお話からやさしい人ってどんな人だと思いますか?」という発問に対しても、自分の考えを3人グループで紹介し合うことで子ども達は自分の考えを広げていました。最後に、自分達の身の回りの温かい気持ちや親切な行動についても自分の言葉で考えることができた子どももかなり見られました。

1年1組 道徳「おかしくないかな」

  資料「おかしくないかな」の絵(約束やきまりを守らない子どもと困っている子どもの絵)を見て、何が問題なのか、また、それぞれの子どもの気持ちについて考えました。ロールプレイやペアでの話し合いや読み札が効果的で、約束やきまりを守ることの大切さについて子ども達はしっかり考えることができようです。

わかば学級 「交流学習の振り返りをしよう」

  先日鯖江青年の家で行われた交流学習会の振り返りを行いました。それぞれの絵日記の発表も聞いていて楽しかったのですが、他校からもらった名刺カードを使っての神経衰弱が楽しく、子ども達はしっかり名前と顔が覚えられたようです。

4年2組 道徳「海田君もいい感じ」

 教材の海田君と私達の関わりを通して、誰にでも苦手なことがあり、それを苦手ではない人が理解し、助けてあげることが大切であることを考えさせる授業でした。「クラスの友達の苦手を助けよう」とグループで話し合ったことで、ねらいが身近になったようです。

6年1組 社会「3人の武将と天下統一」

  信長グループ・秀吉クループ・家康グループに分かれて考えました。提示された資料を読み解きながら3人の武将が天下統一のためにしたことを予測してボードにまとめていきます。子ども達は、上手に話し合いながら予測をまとめ、発表していました。今後はさらに深く調べてジグソー法を使って、新しい課題に挑戦していく予定です。

3年2組 道徳「見つからないリコーダー」

 教材を読んで、身の回りを整理整頓し、進んで節度ある生活を送ることの大切さに気付くこと、さらに、自分の生活について振り返ってみることがねらいです。あきら役と母親役のロールプレイが効果的で、2人の気持ちを考え、ねらいに迫ることができたようです。

5年1組 道徳「いじめをなくすために」

  宮本亜門さんと増田明美さんのメッセージを読んで、いじめをなくすためにはどうしたらいいのか考え、最後にいじめられている人を助ける方法について考えました。イメージマップによるまとめが効果的で、方法に加えて自分のちょっとした勇気が大切であることに子ども達は気づいていたようでした。