今朝の王子保駅の挨拶運動は、中平吹西の皆さんが元気に取り組んでくれました。今朝は、3つの出会いがありました。一つ目は、ときどきお見かけする男の肩が「元気にがんばっているね。」と声をかけてくださったこと。二つ目は、芭蕉の「奥の細道」の足跡(北国街道・木の峠越え?)をするというシニアのご夫婦が「王子保小学校・幼稚園か。がんばっているね。」「写真を撮らせてね。」とにこにこ笑いながら声をかけてくださったこと。三つは、階段を降りるお年寄りの方を待っているときに「おはようございます。」と挨拶をすると、「ありがとう。」「いい思い出になるよ。」と声をかけてくださったことです。子ども達の方も「何かできないかな。」と考えたようですが、お年寄りの方の自分の足でというお気持ちを考えて階段の下で待つことにしました。