応援も6年生を中心によくまとまっていました。応援合戦では、宇宙人に結果を占ってもらうというストーリーの赤組が「アイディア賞」。令和・平成・昭和・大正・明治を代表する人物が登場した青組が「チームワーク賞」という結果でした。

 6年生の100m走で、ゴールした子ども達が仲間を応援している様子です。他にもテント席での応援や6年生がいないときでも5年生や4年生が中心となってがんばって応援する姿が印象的でした。

 今年は、保体部の方の誘導で、保護者の方も近くから応援することができました。保護者の方の応援を背に子ども達もがんばりました。

 お昼休みも十分取り、応援合戦のスタートも15分早く始めることができました。赤組ですが、宇宙人が登場し勝敗を占うというアイディアもよかったのですが、動きもばっちり決まりましたね。 

 チームワーク賞、応援歌の元気な声も動きもばっちりそろいました。伊藤博文。野口英世、手塚治虫、イチローも勢ぞろいです。

 最後の種目である色別リレーでもみんなの応援を背にがんばりました。

 体育大会終了後、テーマと日野山をバックに6年生が記念撮影です。何か一つのことをやり遂げたという満足げな表情が印象的でした。