2月27日(水)1年2組で行われた道徳の研究授業「ともだちだから(二わのことり)」について、研究会を行いました。3つのグループに分かれて次の2点を中心に話し合いました。①効果的な発問について、②道徳の教科化という観点からどこがよかったのか。また、どこを改善したらよいのかということについてです。

 授業のよかった点も多く出されましたが、低学年の段階では欲張らず、「相手を思いやることは大切だよ」ということに気づかせることを目標に授業を組み立てるとどうだろうという意見や子ども達の考えの深まりや変化がわかるようにするにはこうした方がよかったのではないかという建設的な意見も出されました。改めて道徳の奥の深さに気づかされた研究会でした。