10時20分から越前警察署と王子保駐在所の方をお招きして、「不審者対応避難訓練」を行いました。今回は、職員玄関から不審者が侵入したという想定での訓練でした。不審者役のスクールサポーターの方の迫真の演技で、対応する教職員にとっても勉強になることが多くありました。なんとか不審者を確保し、児童は体育館に集合しましたが、静かに速やかに非難することができました。 

 越前警察署の方から教職員の適切な対応を褒めていただきましたが、不審者との間合いのこと、折りたたみの椅子やさすまたの使い方、警察への連絡も携帯電話の方がよいこと、インターフォンを有効に使い不審者を中に入れないことなど、さまざまなことを教えていただきました。

 体育館に整列してからは、学校外での不審者への対応についてのお話の後に、簡単な護身術を教えていただきました。訓練が終わって子ども達は教室に戻り振り返りを行いました。

 登下校時には、越前警察署や駐在所の方もパトカーで子ども達への見守りをしてくださっています。子ども達にも感謝の気持ちを持とうという話もしました。