むつみの時間に5年生のリードで縦割り班ごとにレクリエーションを行いました。今までは6年生が引っ張ってきましたが、いよいよ5年生がリーダとしてデビューしたのです。今まで準備をしたり、運営の仕方を考えたりと頑張ってきた甲斐があって上手にレクレーションを運営していました。何より自分も楽しみ、人も楽しませることが好きな子どもが多いようです。

 ハンカチ落とし、だるまさんが転んだ、いつ・どこで・だれが・どうしたゲーム、触って触って中は何でしょうゲームなど、楽しいゲームがいっぱいでした。あちらこちらで大きな笑い声が聞こえました。