3校時、5年1組で理科の授業研究を行いました。今日の課題は、「水の量をふやすと物が水にとける量はどう変わるか」です。まず、結果を予測し、食塩とミョウバンが50cc、100cc、150ccの水にどれだけ溶けるか実験をしました。小さじで計りながら食塩とミョウバンを溶かしていきますが、特に食塩は溶けるのに時間がかかります。

 結果を黒板のグラフに貼っていきます。実験結果は多少のばらつきが出ました。

 ノートに実験の結果をまとめていきます。

 最後にまとめです。水の量が増えると溶ける物の量が増えること。食塩のほうがミョウバンより溶ける量が多いこと、大き過ぎる値や小さ過ぎる値を除いて考えると、予想通り水の量が2倍になると溶ける量もだいたい2倍なること、3倍になるとだいたい3倍になることに、子ども達は気づいていました。