5年2組「理科」

 「もののとけ方」の実験です。「水の温度を上げると、ものが水に溶ける量はどうなるか」という疑問を解決するために実験を行いました。グループごとに20度と40度の水を用意し、みょうばんと食塩の溶ける量を調べました。実験のまとめは次の時間ですが、みょうばんは約3倍量が溶け、食塩はほとんど溶ける量が変わらないという結果が出ていたグループが多かったようでした。

6年2組「外国語活動」

 ALTのリチャード先生に越前市近郊のデートスポットを紹介する授業です。ただし、①I like ~.②We can~.③We enjoy~.④That`s right. (No,Ihave~.)という言い方を使わなくてはいけません。子ども達は、グループで話し合いながら、自分達の知っている英語単語を使って、時には、先生に聞いてたり、インターネットで調べたりしながら紹介文を考えていました。苦労して考えた紹介文なので、リチャード先生にうまく通じたグループはシールをもらい大喜びでした。