読書の秋、11月14日(水)と21日(水)は」、朝の時間に、先生による本の読み聞かせを行います。読み聞かせは、担任以外の先生が行います。王子保小学校の子ども達は、本の読み聞かせが大好き。1、2年生の廊下を通ると、子ども達の「今日はどの先生が来てくれるのかな?」という声が聞こえてきました。

1年生 「うそだあ」「どこいったん」「ちゅうしゃなんかこわくない」を読みました。うその意味がどんどん変わっていく「うそだあ」の反応がよかったようです。

3年2組 「GO AWAY,BIG GREEN MONSTER」「THE VERY HUNGRY CTERPILLAR」とても反応もよく、モンスターの消えていく鼻や目を英語で言ったり、曜日を英語で答えていました。

6年1組 「ともだちのしるしだよ」「わたしはあかねこ」「ともだちのしるしだよ」は、アフガニスタンからの難民キャンプが舞台です。拾った黄色いサンダルを交互にはくリナとフェローザ、2人の友情の話です。ベテランセの先生の読み聞かせに思わず引き込まれました。

児童玄関には、読み聞かせに使う本を持った先生方の写真が掲示してあります。