今日の児童集会では、たくさんの表彰がありました。福井県小学生陸上競技秋季大会の入賞者(4種目)、校内マラソン大会各学年男女それぞれ5位までの入賞者、越前市下水道ポスターコンクール(市長賞・越前管工業協同組合理事長賞)、県学校対抗かるた選手権大会低学年の部準優勝(5名)です。

 たくさんの入賞、統合百周年記念式典や学習発表会での子ども達のがんばり、委員会活動での発表を受けて、私からは、「目標を持ってがんばることの大切さ」について話をしました。

 また、式典での児童代表の言葉「お世話になっているお家の方や地域の方に感謝し、これからは自分達がみんなの役にたてるようにがんばりたい。」という言葉をほめて、自分の意見を述べるときに「○○してほしいと思います。(他人任せ)」より「私が○○します。していきます。(自分の意志)」と言える、あるいは、書ける機会を増やしていってほしいという話をしました。

 生徒指導担当の先生からは、11月の生活目標「たくさん本を読もう」という話と生活面での注意(①「集団登校のマナーについて、石をけらない。勝手に他の家の敷地に入らないこと」②「身なりを正しく。男子は第一ボタンをはずさないこと。」③「学校に必要のない物は持ってこないこと。お菓子、キーホルダーなど」)がありました。

給食委員会の発表

 最初に、お世話になっている調理員さん、用務員さん、おかか市さんに感謝の言葉を述べ、手作りのカレンダーをプレゼントしました。

 次に、寸劇です。シナリオも子ども達が考えました。食材をつくってくださる人、給食を作ってくださる人に感謝して、好き嫌いせずに残さず食べようという内容でした。なかなかの熱演でした。

 続いて、○×クイズです。「りんごの名産地は熊本県でする。」「給食で調理員さんが手作りするのはお漬物である。」「調理員さんは全員で5名である。」のクイズに子ども達もたいへん盛り上がりました。

 最後に、来週からの給食週間について献立(ご当地メニュー:熊本・青森・島根・奈良)(ふくいのおいしい給食を味わおう:いちほまれ、福井ポークのカツレツ)と取り組み(先生誰かな?給食)をPRしました。見ている子ども達にもよく伝わるいい発表でした。