10月20日(土)の午後、小学校と王子保駅を舞台に親子で楽しむ「集まれ おうしお親子未来探検隊」を行いました。親子で校舎内、王子保駅などに設定されたゲームやミッションに挑戦し、それにクリアするとピースがもらえ、記念のパズルを完成させるという催しです。百周年ということでJR、警察、防犯隊、実行委員、PTA学年部他、多くの皆様のご協力のもと、たいへん楽しく思い出深い行事になりました。子ども達や保護者の皆さんの楽しそうな表情が印象的でした。前日も夜遅くまでご準備いただいた実行委員とPTA学年部の皆様、お世話になったJR、警察、防犯隊の皆様、本当にありがとうございました。

 子ども達は、教室で「やるきんぐ」の説明を聞いてからスタートです。この映像は、実行委員。学年部の皆さんの手作りですが、こった内容に子ども達は見入っていました。 

 

 保護者の皆さんは体育館で説明を聞いてから子ども達と合流しました。

 教室でのゲームやミッションです。学年部の皆さんの運営で親子で楽しく活動しました。1年生(親子の名前を探し出せ)、2年生(目指せタワーマスター)、3年生(石を集めて100g)、危機一髪大作戦・魚つりゲーム)、5年生(じゃんけんあっちむいてホイ)、6年生(折り紙)のコーナーの様子です。

 謎の3人からもピースがもらえます。

 王子保駅で、本物そっくりの切符をJRの方に切っていただいてから入場です。

 「かこ→王子保小学校→みらい」の表示板をバックに親子で記念撮影です。

 さらにJRの方から記念品をいただきました。

 完成したパズルと「ゴールデンやるキング ・100周年記念シール」を手にご満悦な子ども達の様子です。