3年生は、地域の方が利用する王子保駅がどうしたらもっとよくなるかについて考え、活動しています。今日の3、4校時は、王子保駅の清掃に出かけました。子ども達は、蜘蛛の巣取り、ガラス拭きや壁みがき、掃き掃除などに気持ちのよい汗を流していました。

 今までの取り組みとして、7月には実際に福井駅と王子保駅の見学を行い、調べたことをまとめ、自分達が考えた提案をJRの方にお願いしました。例えば、①絵を飾ってはどうか、②福井駅の乗車位置を示す恐竜の足跡のマークのようなものが王子保駅にもできないか、③ごみ箱を絵で飾れないか、④階段のところに「いってらっしゃい」のような文字が描けないかなどです。安全面から無理なものもありましたが、認めてもらった提案もありました。それらの取り組みを3年生は、10月20日(土)の百周年記念式典の学習発表会で発表します。どうぞご期待ください。

 JR武生駅から駅長さんと職員の方が来てくださり、子ども達の安全を見守ってくださいました。ありがとうございました。最初に大きな声で「お願いします。」と大きな声で挨拶をしました。

 高いところの蜘蛛の巣も一生懸命取ってくれました。

 通路も蜘蛛の巣やほこりでいっぱいです。掃除のしがいがあります。

 待合室の中もあっという間にきれいになっていきます。

 ガラスをみがいた後、公衆電話のボックスの中まで掃除をしてくれました。

 自転車小屋の掃き掃除も協力してやっていました。