「忘れ物をせず、時間を守っていい修学旅行にしましょう。」 と代表の子どもの挨拶が王子保小学校の児童玄関に響き渡り、6時30分6年生は修学旅行に出発しました。さわやかな秋晴れのもと、すばらしい体験ができるぞと期待もふくらみます。

 バスガイドさんの楽しいお話、歌、ゲームでバスの中も大いに盛り上がりました。

 金閣寺の見学です。人が多く人の間をぬうようにして見学です。歴史に詳しい子ども達もいて「室町時代、三代将軍足利義満、出家したこと、たいへんな権力を持っていたこと。」を話していました。

 昼食会場「春日野」での昼食です。お土産のことや鹿せんべいのことが気になっていたのか、お代わりする子どもは、ほとんどいなかったようです。

 二月堂の上からは奈良市内がよく見えました。これから行く東大寺大仏殿もよく見えました。

 東大寺大仏殿の前で記念写真を撮ってからボランティアガイドさんと合流しました。

 聞くマナーもよくボランティアガイドさんの話をしっかり聞いていました。

 「それにしても大仏様(廬舎那仏)は大きいなあ。」

 鹿と触れ合う子ども達。昼食会場の「春日野」の前で鹿にせんべいをあげるときはこわごわといった様子でしたが、かなり慣れきたようです。

 東大寺南大門の金剛力士像の前でグループごとに写真撮影。

 法隆寺五重塔の中の見学です。「法隆寺の五重塔は何階建てでしょう。」というバスガイドさんの質問に「五階?」。答えは、「中が吹き抜けになっているので一階建てでした。」意外にすいており、百済観音や玉虫の厨子もよく見ることができました。

 予定より少し遅れて大阪城到着。大阪城の前で学級ごとに写真を撮りました。

 大阪城のたこ石の前で。石垣の石の中にはこんな大きなものもあります。33人が楽に並べます。

 ホテルに到着。夕食はバイキング形式。子ども達の食欲はおうせいです。友達との会話もはずみます。