事故が発生したときに迅速に的確に対応できるように、教職員がアクションカードを使っての緊急時対応演習を行いました。体育の時間に子どもが心肺停止になったという設定でAチーム、Bチームに分かれて行いました。リーダー、119番通報、AED、心肺蘇生、校内放送、保護者連絡、自動管理担当などを決め、カードに従って行ったのですが、やってみるといろいろな課題が出てきました。今後は、それらの課題を修正していくともに、各教室等にカードを設置し、毎年演習を行っていきたいと考えています。