5年生は、7月24日(火)と25日(水)に「福井県立芦原青年の家」で宿泊学習を行いました。今年から宿泊先も変わり、活動の内容も変わりましたが、新しい施設で充実した活動を行うことができました。また、暑い日が続き熱中症なども心配されましたが、子ども達は元気いっぱい活動し、楽しい思い出をつくることができました。

【1日目】

出発式

 いよいよ宿泊学習が始まります。「研修の目的を再確認し、よりよい研修にしていこう。」という先生のお話がありました。

入所式

 代表の児童が青年の家の先生に挨拶をしました。「2日間、よろしくお願いします。」

昼食

 活動の前に腹ごしらえ。メニューはソースかつ丼。みんなといっしょに食べる食事はとてもおいしいです。

ディスクゴルフ

 芝生が広がる広場でディスクを思い切り投げました。珍プレー続出で、みんな笑顔いっぱいでした。

カヌー

 最初は手間取りましたが、コツをつかむとカヌーはどんどん前進しました。湖面の風を受けながら気持ちよく活動することができました。

ベッドメイキング

 大きなシーツを友達と協力して広げ、ベッドに広げました。これでぐっすり眠ることができます。

夕食

 今日一日を振り返りながら夕食をいただきました。活動の後のため、みんな腹ぺこ。お代わりする子どもがたくさんいました。

キャンプファイアー

 火の使者が火の神から誓いの火をもらい、一人ひとりが誓いの言葉を言いました。その後で大きな火を中心にして、各班が出し物を披露しました。歌あり、劇あり、みんなが大いに盛り上がりました。

【2日目】

朝食

 焼き魚の味が好評でした。全員が十分睡眠をとることができ、食欲旺盛でした。

サイクリング

 北潟湖の周りをサイクリングしました。湖面を飛び跳ねる魚を見ることができ、子ども達から歓声が上がりました。途中の赤い橋のところでは自転車を降り、記念写真も撮りました。

全員で記念写真

 すべての活動が終わり、芝生公園で記念写真を撮りました。疲れましたが、充実感でいっぱいです。

到着式

 全員無事に帰ることができました。宿泊学習の目的を達成することができ、これからの生活に生かすことができそうです。皆さん、お疲れ様でした。