毎年5・6年生が行っている日野山登山が来週の7月21日(土)に迫ってきました。今年は、王子保小学校統合百周年にあたるので、実行委員会の日野山登山イベント部の皆さんが中心となり、7月21日(土)に次の3つの事業を計画しています。①「頂上まで残り○○m」の看板のかけ替え。②新しく制作した横断幕を使っての頂上で記念撮影。③頂上で黄色いのろしを上げて麓(学校)で確認。

 今日の下見では、次のことを行いました。①当日子ども達がつける「頂上」と「頂上まで残り1000m」以外の看板のかけ替え。②登山道の整備(倒木の後始末・草刈り・枝刈り・土砂の撤去)。③登山道の安全確認。

 公民館長様や自治振興会の事務局長様など地域の方、日野山登山イベント部を中心に実行委員の皆様にも多数参加していただきました。おかげさまで準備も整い、来週予定通りに「記念日野山登山」が実施できそうです。本当にありがとうございました。

 朝、7:00に日野神社を出発。

 看板のかけ替えをしていきます。最初は、「頂上まであと2800m」からスタート。

 雨などで目印が消えているところは、もう一度測り直しました。

 「登山道」の案内です。公民館長様と自治振興会の事務局長様に率先して作業をしていただきました。

 邪魔な枝は、剪定ばさみで切り落とします。

 室堂で、参加された方が看板の裏側に書かれたお孫さんの名前を探していました。

 やっと頂上に到着。出発時m頂上には霧がかかっていましたが、すっかり晴れていました。

 7月21日(土)に子ども達が取り付ける看板「登頂やったね」を取り付けるくいを打ちました。

 山頂の神社前にやるキングが描かれた王子保小学校の看板を取り付けました。

 下山途中、休憩を取りました。ここから登山道と作業道に分かれました。例年ですと子ども達は、下山に作業道を使いますが、途中土砂崩れを起こしている箇所が2か所あり、落石の危険もあるので、今年は登山道(上りに使った道)を使うことにしました。

 最後、日野神社で最終確認をして解散しました。暑い中、参加いただいた地域の方、実行委員をはじめとする保護者の皆様、先生方、本当にありがとうございました。