3校時、むつみホールで5年1組の子ども達が幼稚園の子ども達と図画工作の時間に作ったゾートロープとぱらぱら漫画を使って交流しました。

 ゾートロープは、10枚くらいの動きのある絵を描き、それを円筒形の筒の中に貼りつけ、回してみると、パラパラ漫画のように絵が動いて見えるというものです。

 幼稚園の子ども達は、回してみながら、実際に動いているように見える絵を不思議そうに見ていました。また、パラパラ漫画も楽しみました。5年生もどうしたら幼稚園の子ども達に喜んでもらえるか、よく考えて接していて、頼もしいお兄さん・お姉さんぶりを発揮していました。