午前中、市の教育委員会の指導主事の先生をお招きして、学校の取り組みや様子を見ていただいたり、先生方の授業を見ていただいたりしました。放課後は、4年2組の道徳の授業を中心に授業研究会を行いました。指導主事の先生にご助言いただいたことや研究会で話し合われたことについては、今後の取り組みや授業に活かしていきます。

5年2組 算数「式と計算」2校時

 2列で十字に並べられた20個のいちごの個数を求める問題です。図や式を使い、いろいろな求め方を考えました。まず自分で考え、その考えをペアで伝え合います。最後に、いくつかの考えに整理し、子ども達がそれぞれの求め方を言葉で説明していきます。子ども達は、考えたり、説明したりすることがとても楽しそうでした。ふだんからこうした活動を行っていることがよくわかりました。

1年2組 国語「おもちやとおもちゃ」2校時

 拗音(小さい「や・ゆ・よ」のつく言葉)について理解し、友達と交流しながら拗音のつく言葉を増やしていくという授業でした。子ども達は手拍子をしながら拗音(音節)について体感的に理解していました。また、言葉集めでも楽しく、意欲的に拗音のつく言葉を集めていました。

わかば「Let‘senjoy  宿泊学習」2校時

 明日からの宿泊学習を楽しいものにするために、宿泊学習でどんなことをするのか確認し、「宝さがし」「じゃんけん列車」などの活動を実際にやってみました。子ども達は楽しそうに取り組み、明日からの宿泊学習への期待を高めていました。

4年2組 道徳「友達が泣いている」3校時

 いじめを許さないことや正しい判断と行動の大切さについて考える道徳の授業です。まず、教材を読み、「正しくない」行動をしている4人に、どうすべきだったのかアドバイスを考えさせ、さらに、今までの自分はどうだったのか、また、正しいと思うことができたときにどんな気持ちになるかを考えました。子ども達は、いじめについて、正しい判断と行動の大切さについてしっかり考えていました。放課後の研究会でもよく考えている子ども達の姿が話題になりました。

2年1組 道徳「おにいちゃん しっかり」4校時

 教材を読み、「お兄ちゃんのどんな行動を直したらよいか」考えました。規則正しい生活していない。安全な生活をしていない。整理整頓をしていない。物やお金を大切にしてこないお兄ちゃん。この四つの点についてどうしたらいいか考えました。子ども達の役割演技(兄・母・犬のロン)が効果的で、状況やイメージがつかみやすかったようです。最後に自分の生活を振り返って、自分の直したいところについて考えていました。

3年2組 国語「手紙の書き方」4校時

 「越前市たんけん」でお世話になった事業所の方にお礼状を書きました。一度書いたお礼状をグループで読み合い、より感謝の気持ちが伝わるように直していきます。①表現②段落③手紙の形式④誤字脱字⑤文字(大き・配置・丁寧さ)などの観点から子ども達はいいアドバイスを行っていました。今日書いたお礼状は、近いうちに事業所の方にお渡しします。

6年2組 道徳「ロレンゾの友達」4校時

 本当の友達とは何か考える道徳の授業です。教材を読みながら、自分が罪を犯したロレンゾの友達だったらロレンゾにどう接するか。また、「なぜそうするのか。」理由を考えました。さらに同じ考えを持つ子ども達で3、4人のグループを作り、理由の違いについて話し合うことで考えを深めていきました。ホワイトボードを効果的に使って全員のまとめることで、子ども達は「真の友情」とは何か考えていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2組