9時40分から越前警察署の方をお招きして交通安全教室を行いました。天気にも恵まれ、暖かい日差しの中で、子ども達は、活動を行うことができました。

 まず、警察の方のお話です。安全についての心構え、道路の歩き方や渡り方、信号機の見方、安全確認の仕方についてお話をうかがいました。その後で実際に道路に出て、道路の歩き方や渡り方を練習しました。

 子ども達は、警察の方のお話を集中してお話を聞きました。

 いよいよスタートです。前の人とかなり間が空くのでやや緊張した面持ちです。

 前後左右の安全を確認して、手を挙げて横断歩道を渡ります。

 信号機のボタンを押します。信号が青に変わったことを確認してから安全確認、手を挙げて渡ります。

 最後に、警察の方から「自分の身は自分で守るという気持ちを持つことが大切だ。」という心構えと「踏切で遮断機をくぐったり、入って遊んだり、危険なことをしたりしない。」という注意がありました。

 終わってから学級ごとに記念写真を撮りました。