英語劇「桃太郎」を発表しました。大きな声、ダイナミックな演技、流暢な英語(ときどき日本語)、激しい殺陣など、笑い声に包まれた時間となりました。