1年1組 「国語(巡回図書の本を読んで感想を書く)」

 県の教育委員会の事業で「巡回図書」があります。それぞれの学年の子ども達に読んでほしい本が各学校を回る事業です。学級数以上に本があるので、子ども達は一斉に同じ本を読み、共通の話題も持つことができます。1年1組では、「国語」の時間に今まで読んできた巡回図書「ガンピーさんのふなあそび(ジョン・バーミンガム作・みつよし なつや訳)」の感想を書きました。子ども達は、「登場人物(動物)の様子」「ストーリーの展開の仕方」「ある場面(みんなでの食事)」など、お話のさまざまなところに焦点を当てて感想を書いていました。

逆上がり教室

 放課後、逆上がりの苦手な子ども達のために「逆上がり教室」を開きました。おへそと鉄棒の距離をなるべく近づけることがコツです。子ども達は何度も逆上がりに挑戦していました。あともう少しです。