3年2組「風ゴムカー研究室」

 3年生は、理科の授業で「風やゴムで動かそう」というところを勉強しました。「風ゴムカー」を作って実験することで、「風の強さによって車の動くスピードが変わること」や「ゴムの巻く回数によってスピードが変わること」を学習しました。3年2組では、さらに子ども達の理科的な思考を育てるため、さらにくわしく実験し、その結果をまとめました。「紙の真ん中に当たるとよく進む」「風の当て方で進み方が変わる」「うちわは不安定、扇風機は安定している」子ども達はいろいろなことに気づいていました。

 

4年1組「親子でつくるNIEワークシート」

 4年1組では、「親子でつくるNIEワークシート」に取り組みました。まず、新聞から記事を切り抜いて貼り付けます。次に、記事に関する問題を3つ(自分で考える問題・親子で考える問題・答えが一つでない問題)と答えを考えます。そして、問題を解いた人と作った人が自分の考えや感想をまとめます。「中学校の校長会テスト」「発展途上国の少女に教育を」「今からでも間に合う『物忘れ対策法』とは?」など、いろいろな記事についてワークシートをまとめていました。親子で取り組んでいるのがいいですね。

5年生「がんばっている5年生の姿」「職業調べ」

 5年1組では、ふだんから子ども達に「人間の行動や心には6つのレベルがある。」という話をしています。「やるべきこと・ルールを守ること」「みんなのために仕事をすること」「身近な人を助けること」「自分の成長のための活動」「身近な人の成長を考えること「自分のいる集団をよくすること」などです。成長にとってはどれも大事です。5年1組では、その6つのレベルに合わせて、自分の振り返りがきちんとできていて、自分の目標がはっきりしている子ども達や給食の時間に自分の仕事以外にみんなのためにがんばっている子ども達の姿を紹介しています。

 5年2組では、授業でがんばっている子どもの姿、自主学習で工夫されているもの、話し合いをまとめたホワイトボードの中でよいものなどを紹介しています。

 「職業調べ」では「身近な人」についてまとめたものや資料をつかって「いろいろな職業」についてまとめたものを掲示しています。特に、「身近な人の職業調べ」では、勤務時間・仕事の内容・必要な資格や条件・その職業についた動機・仕事の喜びや苦労について調べました。お家の方の仕事に対する喜びや苦労を知り、改めて感謝する子ども達の姿がありました。