3年生では、国語の時間に「姿を変える大豆」について学習しています。今日は、ロハス越前の方に来ていただいて大豆からできる食品を実際に作ってみました。

 石臼で大豆をひいて「きなこ」をつくります。石臼から「きなこ」が出てくると、思わず子ども達から「いいにおい。」という声が飛びます。石臼を回すのには意外に力がいります。

 きづちやプラスチックの金づちを使って「打ち豆」を作ります。1粒ずつ1回目は軽く、2・3回目は強くたたきます。力の加減が子ども達には難しそうでした。

 「やったね。」打ち豆完成。