6時50分出発式の様子です。待ちに待った修学旅行、児童代表の挨拶にも気合いが入ります。

金閣寺に向かうバスの中で、バスガイドさんのお話・ゲーム・クイズで盛り上がりました。明るく雰囲気を盛り上げることが上手な6年生です。

金閣寺をバックにクラス写真を撮りました。歴史に興味がある6年生が多いのか、バスガイドさんの説明にもしっかり耳を傾けます。

ホテルアジール奈良アネックスでの昼食の様子です。

にぎり墨体験の様子です。まず墨を作っている「錦光園」の方に練ってもらいます。そのやわらかい墨をもらいぎゅっと握って、世界に一つしかない自分の墨をつくります。ぎゅっと握ったときの感触が気持ちよさそうでした。最後は桐の箱に入れてもらい。3か月後、墨が乾いたら完成です。

東大寺の南大門の仁王像をバックに記念撮影。仁王像には、口を開けた「阿形像」と「吽形像」の2つがあります。迫力のある仁王像に子ども達は感心していました。

大仏(廬舎那仏)様の前で、ボランティアガイドさんの話に耳を傾けます。ただ大仏様の大きさに感心するだけではなく、みんなの幸せを願った聖武天皇や人々の思い、何回も焼けて再建・修復されてきた歴史に子ども達は思いをはせていました。残念ながら今回は混雑していて大仏様の鼻の穴くぐりはできませんでした。

ボランティアガイドさんと別れてから、東大寺の大仏殿からゴールの三笠観光会館まで、地図を片手に、歴史の問題に答えながら、班ごとにウォークラリーをしました。子ども達の班で協力する姿が印象に残りました。途中、こわごわ鹿にせんべいをあげる姿や三笠観光会館でお土産を買う姿も見られました。途中ぱらぱらと雨が少し落ちてくることはありましたが、雨の影響はほとんどありませんでした。

宿泊した「柿本家」での夕食の様子です。たくさん歩いてお腹がすいたのか、何杯もご飯のお替りをする人もいました。

夕食が終わってから信貴山朝護孫寺に移動して、座禅を体験しました。ろうそくの光の中で座禅を組み、精神を集中させ、心を落ち着かせる体験は子どもにとって貴重な体験になりました。