自分たちで作った稲からお米を炊いたよ!

 精米をしたお米をざるでとぎ、炊飯器でお米を炊きました。

  

 

 炊き上がったお米をのぞくとうわぁ~と叫ぶ児童。

 いつも食べているお米より、少し茶色い??玄米っぽいお米になりました!

 「もちもちしてる!」

 「みずみずしい!」

 いろいろな感想がありました。4月から大切に育てた稲が、わたしたちの命のもとになりました。お米の授業を通して、社会や理科、家庭科などいろいろな面から稲の学習をしてきました。お米が手元に届くまでには、育てる人の苦労や工夫がたくさんあることを忘れずに、これからも感謝しながら食べていきたいですね。