市内の小学校5・6年生が越前市東運動公園とその周辺部に集まってスポーツフェスティバルが行われました。昨日までの雨も上がって、よいコンディションの中で子ども達は競技を行うことができました。最後に全員で振り返りをしましたが、「8の字跳び(大縄跳び)で全員が一致団結して自己ベストを出すことができた。」「陸上の選手に大きな声で声で応援することができた。」「今までの陸上の練習が実って、満足できる記録を出すことができた。」「午後のレクリエーション競技で他の学校の人とも友達になった。」という感想が子ども達から聞かれました。

開会式が終わってハピネスダンスを踊りました。楽しい表情で踊っています。最後の決めポーズも決まりました。

 8の字跳び(大縄跳び)です。声を出して気持ちを一つにして跳び、半分近くのチームが自己新記録を出しました。

 陸上記録会の応援にも熱が入ります。選手もその応援に応え、1学期からがんばってきた練習の成果を十分に発揮しました。

【1500m走】先頭を走り、自分でレースを作ります。

【走幅跳】きれいな踏切りです。自己ベストを出しました。

【100m】最後まで力を抜かず、先頭でゴールを駆け抜けました。

【4×100mR】3走から4走へ、ナイスバトンパス、追い上げます。

【ディスクゴルフ】午後のレクリエーション種目です。他の学校の子ども達とも楽しく話しながらゴールを目指します。

【ミニソフトボール】他の学校の子ども達との混合チームですが、すぐ仲良くなり、楽しくゲームができました。

最後の振り返りの時間です。子ども達の言葉からいろいろな面での成長を感じました。