昨年度に引き続いて、わかば学級の3名が福井赤十字病院の緩和ケア病棟「エキナケア」で、入院中の患者さんやその家族、医療スタッフを前に絵本の読み聞かせなど、楽しい時間をプレゼントしました。あいにくの雨でJRが遅れ、到着はぎりぎりになりましたが、子ども達は、落ち着いて読み聞かせや手遊び歌に取り組んでくれました。患者さんや家族の皆さん、医療スタッフのみなさんから笑顔や拍手をいただき、温かい雰囲気の中で発表を終えることができました。

 ありの衣装を着て、絵本「ありとすいか」の読み聞かせです。

 手遊び歌は、かたつむり・茶摘み・七夕の3つを披露しました。

 一緒にヨガの体験をしてから、笹に七夕飾りをつけました。