地震・原子力発電所の事故を想定した避難訓練

 本日の10:00~10:45に避難訓練を行いました。最初は、地震を想定した避難訓練で、担任の先生の誘導にうしたがって、小学校と幼稚園の子ども達全員が校庭に避難しました。「お→押さない、は→走らない、し→しゃべらない、も→戻らない」の約束を守って、4分で子ども達はすみやかに避難することができました。しかし、実際に地震が起きたときに今日のように避難することができるかどうかはわかりません。いざというときに落ち着いて避難ができるように、ふだんからの心がまえが大切です。今日は、水筒を持って避難しました。これは、避難が長引くことも考えられるからです。お家でもいざというときの対応について話し合ってください。

 続いて、原子力発電所の事故を想定して屋内退避訓練を行いました。これも担当の先生の指示に従って体育館にすみやかに避難することができました。昨日、茨城県の実験用の施設で作業員が被ばくするという事故がありました。福井県には原子力発電所や研究施設がたくさんあります。あってはいけないことですが、福井県でも原子力発電所の事故が起こる可能性はあります。万が一事故が起こったときにどうするのかということについてお話しました。

1年生 ゲストティーチャーによる授業

  1年生は、3・4校時にゲストティーチャーをお招きして授業をしていただきました。元市児童福祉課の細川先生には、人権の紙芝居を通して人権についてのお話しをしていただきました。「ヒマワリの花の形や大きさや成長が違うように、私たちも一人ひとり違っている。そして、一人ひとりがかけがえのない存在なんだ。」というお話に、子どもたちは真剣に聞き入っていました。もう一人は、万葉菊花園の玉村先生です。玉村先生の指導で切ったペットボトルに、ネットとペーパータオルを敷き、そこに大根の種をまきました。さらに、植物の育て方について教えていただきました。

 

授業風景(4年2組・5年2組)

 4年2組の図画工作の時間です。コリントゲームの製作も終盤になってきました。釘や風車や金具の調整に子ども達は、夢中です。

  5年生の外国語活動の時間です。ALTの先生に来ていただいて、曜日の聞き方「What day is it,today?」、日にちの聞き方「What,s the date,today?」、天気の聞き方「How,s the weather,today?」を学習しました。次に、黒板のカードを使って、好きな物や嫌いな物を尋ねたり、答えたりする練習を行いました。