応援合戦

  午後の最初は、応援合戦です。応援団長の挨拶のもと赤組、青組の順番で精一杯の応援を繰り広げました。どちらも構成や出し物に工夫をこらしたすばらしい応援でした。結果は、声や動きがそろっていた赤組が「チームワーク賞」、ダチョウ倶楽部やPPAPのパロディを取り入れた青組が「アイディア賞」を獲得しました。どちらもいままで一生懸命練習してきた成果を十分発揮することができました。

 

 

   

控えテントの中でも盛り上がっていました

 控えテントの様子です。テント席での応援もすばらしかったです。カメラに向かって「はい、ポーズ。」

 

大玉送り 2~6年選手種目

  見事な連携プレー。本番は、練習とは逆の結果になりました。青組の勝利です。

 

騎馬戦 5、6年生

 5、6年生による騎馬戦は、作戦が当たったのか青組が大勝しました。先生方、警察の方が見守ってくださる中、誰もケガをしなかったのが一番よかったです。 

 

世界の果てまでトッテQ 4年生

  三輪車、タイヤ、綱、大玉を自分の陣地にたくさん運んだ方が勝ち。赤組の見事な作戦勝ちでした。三輪車を運ぶ女の子の早いこと、早いこと。

 

色別リレー

  各学年の代表選手が集まっての花形種目です。さすが5、6年生はバトンパスも上手で見応えがありました。赤組の勝利でした。

 

閉会式

 代表委員による結果発表です。赤組856点、青組931点で青組が優勝しました。結果を聞いて歓声が上がりました。4名の子ども達が「今日の感想」を発表しました。赤組の6年生の「負けたけれど、応援で狙っていたチームワーク賞をとることができてよかったです。」という言葉が印象的でした。一生懸命練習し、がんばったからこそ、この言葉が出たのでしょう。勝負には勝ち負けがあります。しかし、どのように取り組んだが大事。大事なことを学んでいるなと思いました。最後は、応援団長からの感謝の言葉で締めくくりました。

 

  

 

記念写真撮影

  6年生は、応援グッズを持って色ごとに記念写真撮影。みんなで一つのことをやり遂げたという満足感を一人ひとりの表情から感じ取ることができました。