日本じゅうを寒波がおそった26日、教室で震えている教職員を尻目に、子ども達は子犬のように真っ白の校庭に駆け出していきました。

 雪合戦をしたり、雪だるまを作ったり思い思いに遊んでいました。さらさらの粉雪の感触は格別で、雪のベットでくつろぐ子もいます。雪が積もることが少なくなって雪で遊ぶ機会がめっきり少なくなってしまいましたが、雪国の子どもらしく元気に外で遊ぶ姿を見ると、ほっとします。

  

 次回の新雪が楽しみだな~。