芸術の秋です。今年は、プロの画家と陶芸家を招いて、子どもたちに本物の体験をする機会を設けました。

 10月26日、1,2年生はらくがきやのひらたさんを招いてパステル画に挑戦しました。ひらたさんはパステルを指で薄くのばしたり、クレヨンで模様を作ったり、消しゴムで線を引いたりと、手品のように作品を仕上げる様子をみせてくれました。その後、子どもたちも、パステルを使って思い思いの作品つくりをしました。

 

 11月5日・6日、3,4年生はベロ亭の岩国さんを招いて陶芸作りに挑戦しました。遊び用の粘土で、指で穴を作ったり針金で切ったり、板にたたきつけたりして十分に遊びました。その後に、焼き物用の粘土をもらって作品づくりをしました。1ヶ月後には、焼き上がりの作品が届きます。楽しみです。