福井県の体力日本一のなぞを探るということで、本校に東京フジテレビから取材にこられました。全校で取り組んでいる「グーパァー体操」や「無言清掃」についての取材依頼でしたが、業間に行う「チャレンジマラソン」や「放課後運動クラブ」などの活動もみたいというこで、早朝から放課後までまる1日の取材でした。あいにくの雨で、外での活動は撮影できず、インタビューによる取材になってしまいました。

 休み時間にワークスペースで鉄棒にぶら下がる低学年の子、紙てっぽうでパンパン腕を振って遊んでいる児童などを取材していましたが、カメラの周りは普段以上の大賑わいでした。

 校長だよりにも書いてありますが、「当たり前のことが当たり前にできること」が福井県の児童生徒たちの体力を支えているようです。これからも楽しみながら体を動かす子どもたちが増えてくれるといいでね。ディレクターの方は、子どもたちのありのままの表情や、学校を取り巻く自然環境についても羨ましがって帰っていかれました。

 放送は、9月末の予定だそうです。またお子さんを通じてお知らせします。