平成27年度のたてわり班の活動が始まりました。本校では、”わくわく班”という呼び方で縦割りによる異学年交流を行っています。

 1年生を交えて初めての交流なので、お互いに自己紹介をし合ってから、簡単なゲームで交流を深めました。自己紹介のあとにハイタッチをする時、小さい1年生の手と大きな6年生の手が合わさって、6年間でこんなに成長するんだなぁーって感じます。

 ゲームでは、ハンカチ落しや大根抜き、クイズ、ポコペンなどで盛り上がっていました。大きな学年の子が、小さい学年の子を気遣いながら活動している様子が伺え、微笑ましいです。同級生だったら許せない反則行為も、小さい子には多めに見てあげる姿がいいですね。これから、いろいろな機会を通して”わくわく班”でわくわくして欲しいと思います。