不審者が校舎に入ってきたことを想定して、不審者対応避難訓練を実施しました。「かなちゃーん」と叫びながら、マスクにサングラスのおじさんが校内を物色して歩き回りました。急いで戸の施錠をしましたが、本校の教室は廊下から中が丸見えのため、机の陰になるように身をかがめ、子どもの気配を消すことが大事です。しかし、何が起きているのか気になって、身を乗り出して覗いていたり、声を出してしまったりする児童も多く、おまわりさんから注意を受けました。ちょっとした気の緩みが、大きな被害につながることを教えていただきました。

   

 また、全校児童が知らない人から声をかけられた時の対応の仕方も教わりました。身近なところに潜んでいる危険から身を守る学習ができました。