読書月間に合わせて、わくわく班活動では5年生が他の学年の子に絵本の読み聞かせを行いました。1年生から6年生が楽しめるような本を選び、何回も練習をして読んでくれました。声の大きさやアクセント、読むスピードなどを工夫して読んでいました。特に低学年の児童は、ニコニコと笑顔で楽しそうに聞き入っていました。6年生からも、「上手だったよ。」という感想をもらえて、5年生の児童は満足した様子でした。

 読書の秋、ご家庭でもお子様と一緒に本を読む時間を作ったり、お互いに読みきかせをし合ったりするのもいいのではないでしょうか。