6年生が「独楽吟」を作りました。

 

「独楽吟」とは、「たのしみは」で始まって「・・・とき」で終わる形式でよんだ和歌のことです。

江戸時代の終わりの福井県の歌人「橘 曙覧(たちばなのあけみ)」の作品が有名です。

6年生の子どもたちの楽しみとは、いったいどんなことでしょうか?