10月17日の体育大会に向けて、6年生が応援団長を決めていました。

 

団長候補者が一人ずつ順番に指揮台の上に立ち、大きな声を出していました。

どうやら、校庭の端にいるクラスメートが審査員のようです。

    

遠くの審査員に声を届けようと、どの子も力一杯の声を出して叫んでいました。

さて、応援団長には、いったい誰が選ばれたのでしょうか?

そして、体育大会ではどんなパフォーマンスを披露してくれるのか楽しみです。